タバコはガンの引き金になる!

タバコが原因で発症するガンは肺ガンだけではありません・・


全身のあらゆる場所に出来るガンが、タバコを吸う人のほうが
発症率が高いことが明らかにされています。

タバコの煙の通り道であるのどにできる咽頭ガンの確率は
男性でなんと32.5倍だそうです・・・
口と鼻につながる部分である咽頭ガンは3.3倍
舌ガンや歯肉ガンなど口の中に出来る口腔ガンは2.9倍になります。
これらのガンが進行すると、声帯を切除して声が出なくなったり
食べ物を噛んで飲み込む機能が損なわれ、食事すらことすら
不自由にになります。




非喫煙者と比較した喫煙者のガンによる死亡の危険度(男性)

口腔ガン  2.9倍
咽頭ガン 32.5倍
食道がん  2.2倍
肺ガン   4.5倍
肝臓ガン  1・5倍
胃がん   1・5倍


タバコによって食道ガンや胃ガンが増えるのも、煙の
有毒物質が溶け込んだ唾液を飲み込むためです。
タバコを吸うと吐き気がしたり食欲がなくなるのも
食道や胃の粘膜がタバコによってダメージを受けている
ためであり、食道ガンや胃ガンが発症するときが徐々に
近づいてると考えなければならないそうです・・・

そして、タバコはその有毒性によって免疫機能も著しく低下させてしまいます・・・
ガン細胞が増えるのを抑える働きをするリンパ球やマクロファジーの
免疫細胞を減少させてしまうため、いったんガンが発症すると
進行や転移が早くなってしまうことも覚えておいて下さい。



タバコはこんなにも身体に悪いものばかりなのです。

それでもあなたはまだタバコを吸い続けますか・・・!?


タグ:タバコ ガン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。