なぜタバコはやめられないのか?

なぜタバコはやめられないのか!??


タバコは『百害合って一利なし』とは昔から(!?)言われていますよね
誰でもこの言葉は聴いたことがあるかと思いますが
なぜそれでもやめられないのか!?


タバコを吸ってる本人のみならず、周囲の人にも迷惑を掛ける
タバコをなぜ吸い続けるのでしょうか。

おそらく吸っている本人自身さえ、自分がなぜタバコを吸ってるか
のか分からないでしょう・・・

なぜか分からないけど、吸わずにはいられない・・これが本心でしょう。


しかし、タバコを吸い続けるにははっきりとした理由があります
理由がなくては有毒物質のかたまりであるタバコを吸わずには
いられないはずがありません。


タバコを吸わずにいられない人は『タバコ中毒』なのです。

アルコール中毒者も、アルコールが体内から消えると
自分の心がコントロール出来なくなります。
アルコールが入ってるときが本当の自分のような錯覚におちいり
自分の意思では決して飲むことを止められない状態になっています。
タバコも同様にタバコを吸わなくていられない状態が『タバコ中毒』です。


タバコを吸わないと苦しい、イライラする、落ち着かない。
吸いたくて、吸いたくて、どうしようもなくなる・・・
今しなければならないことに集中できなくなり、タバコのこと
ばかり考えるようになり、平常心を失ってします。

まさに『中毒』状態です。

タバコはアルコールと同じように脳神経を支配して『中毒』にさせる毒物なのです。


なにかと理由をつけて吸っていると思いますが、結局は自分でも
なぜかわからないけど吸いたくてたまらない。
吸うのをやめようと思っても、どうしても吸ってしまう・・・


それがタバコ中毒である証拠なのです。・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。